カラー フローズンクイーン

目次

~透き通るような半透明で白い斑の葉と花は桃紫色 こんな儚げなカラーって…二度見しました~

2022/8/28
  • 購入日:2022/8/26 錦花つね
  • 学名:Zantedeschia spp.
  • サトイモ科 オランダカイウ属 (植物分類表 28b1.2_29)
  • 原産地:南アフリカ
  • 特徴:畑地性のカラー 球根が腐らないように、とにかく水はけのよい土が良い
  • 置き場所:日当たりと風通しの良い屋内・外
  • 耐寒性:5℃以上
  • 水やり:成長期の春はタップリ 秋になり葉が枯れてきたら断水してしっかり乾燥させ室内で越冬させる その間水NG
  • 肥料:春に液肥を週に1回 
  • 病害虫:室内管理のため経験なしですが、屋外ではナメクジとダンゴムシにやられそうな気がします
  • 植替え:赤玉土小粒1・鹿沼土小粒1・ピートモス1・パーライト1に腐植チャージと元肥を少し入れて植え替え予定
  • 殖やし方:経験なしですが、株分けでいけそうです

《全体的な感想》

本当にきれいなきれいな美人さんです! 

すりガラスで作ったかのような葉は、ため息が出る美しさ。 

この夏からあちこちの園芸店で見かけてはいたのですが、今回、錦市場の通り沿いにある花屋さんでまたまた見かけて、やっぱり連れて帰りたくなり、とうとうGET!

このように子株も出てきているので、秋からお世話を間違えないように気を付けて、立派に冬越しを果たし、来春、新芽と出会いたいと思います(^▽^)/

~冬の落葉後 無事に新芽が出てきました~

2023/05/15

秋から徐々に葉が枯れてき、全て落葉してから、室内で完全断水で管理していました。

カラッカラで、不安でしたが、そっとしておき、春になって少しずつ他の観葉植物たちも紫外線に慣れさせるために出したり、夜間の気温が低いので夜は室内に取り込んだりを繰り返す時期に、一緒に同じように出して、水も上げるようにしました。

でも、全く動きがなく、枯れてしまったのかと思いながらも、ずいぶん暖かくなってきたので待機苗コーナーに置いておき、他の鉢花たちと同じように水管理をしていたら、ある日いきなりニョキニョキ新芽が出てきました(((o(*゚▽゚*)o)))

新芽が出てくるのって本当にいきなりです。

前日までチーンって感じで動きがないのに、翌日見ると、3本新葉が!

去年、鉢管理でしたが、そこまで大きく育つ印象ではなかったので、今年は冒険ですが、シェードガーデンエリアに地植えにしてみました(^▽^)/

大きくしっかりとした株になりますように。

ただ柔らかく薄い葉なので、ナメクジに気を付けようと思います。

~地植えすると大きくなりました!~

2023/07/27

地植えにしてから、およそ2ヶ月、かなり育ちました(o^―^o)ニコ

ビックリするほどナメクジの被害もなく、すくすくと育っている感じです。

株元です
新芽の様子
全体

新芽のエリアは、【フローズンクイーン】らしい透明感のあるすりガラスのような白い部分がありますが、全体の株元エリアを見ると。。。

そう、ほぼ緑色です(^_^;)

去年の購入時の写真と比べても、とても白い部分が少なくなっているのがわかります。

ただ、出始めた一番新しい新芽を見ると、去年並みの白さです。

ということは、【フローズンクイーン】らしさを鑑賞するには、紫外線を減らす必要があるのかもしれません。

この環境は、敷地の北側で隣家と比較的近い距離にある、午前中少し直射日光が当たる時間がある場所です。

それ以外は、明るい日陰、土はALLリサイクル土です。

それにしても、見かけの儚さからは想像できないくらい、病害虫にもやられずに、元気にノビノビ育っているので、今年はこのまま育ててみようと思います(^▽^)/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

植物とワンコとの生活を楽しんでいます。。。
植物もインテリアも道具類も、選ぶ基準は《めっちゃいい》《大好き》。
ちょっと偏ってるかもしれない。。。ブログです!

コメント

コメントする

目次